■nohohon crea■

アクセスカウンタ

zoom RSS 現状のお知らせ

<<   作成日時 : 2018/10/12 10:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

10月12日(木)曇り時々雨

10日の歯治療で悪いものが見つかりました。

場所は右上奥歯後方。

病理検査の結果待ちですが、

先生の見立ては悪性黒色腫(メラノーマ)。


上あご奥なので外科的治療は不可能。

その度に全身麻酔が必要な放射線治療もリスクの割に効果的ではなく。

抗がん剤もまた同じ。

画像
クリックで拡大します



15歳クレアなので、

積極的治療は何もせず痛みや苦しみが出てきたときに

それを取り除くための対症療法だけで。

なるべく自然の摂理に沿った最期をむかえて欲しいと考えています。




肺に転移しやすい腫瘍らしいのですが、

呼吸が苦しくなった時には鎮静剤で意識レベルを下げ徐々に・・

激しい痛みが出た時にはモルヒネの使用もありうるそうですが、

病状がどう出て来るかは未知なので、正直すごく怖いです。




現状は、出血があるので、数字的にはかなり貧血が進んでいます。

そして、食べ物は9日夜を最後に口を開けることをかたくなに拒んでいるので

食べられていません。

水分も10日朝を最後に飲めていない状態です。

シリンジ等使ったのですが、「いらん」と、言われました。


貧血は輸血をすれば回復するのですが、いたちごっこになるので

選択しません。

先生曰く、貧血で徐々に・・という事もありうるそうで、

そういう最期は苦しまずに逝くことが出来るそうです。

食べられないし飲めない・・不安で心配で泣きの母ですが、


画像


「しらん」と言いつつマイペース。

すやすやと眠れているクレアです。




転移して苦しい症状が出て来る前に

なるべく自然に決着をつけようと考えてるのかもしれないです。

でも、もしかしたら体力温存に努めているのかもしれないです。

どちらにしてもそんなクレアに私たちが出来ることは、

クレアの意思を尊重し寄り添う事くらいしか残っていません。


もちろん最期の見極めも

クレアのペースでクレアのタイミングで、と、お願いしたら、

「まかせろ」と、言ってくれました。


と、こんな事を書きましたが、検査結果もまだなので、

これからどんな経過をたどるかはわかりませんが、

もう、これからは生きる長さではなく、

短くなっても穏やかに過ごせる事限定で過ごしたいと思います。







*



色々並べてみたのですが・・

画像


いらないそう・・。



こんなことを繰り返していたら、

画像
バナナとコンビーフをスプーン一杯程食べてくれました。



自力で立って来てのおしっこ。


画像
まだ上手にしてますよ。




検査結果がでたらまたお知らせします。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク



現状のお知らせ ■nohohon crea■/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる