■nohohon crea■

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒斑山で浅間山・後編

<<   作成日時 : 2012/02/14 19:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2月12日(日)曇りのち晴れ
画像
さて、ココからは一番きつい登りでトーミの頭目指します。



画像
笑ってるけど、心は泣いてる・・もう足絶対上がらない・・。
呼吸を整えながら一歩一歩。

クレアも慎重に一歩一歩。
道からはみ出すことなく登ります。
だって右側はすぐ奈落・・。



やっと着いたトーミの頭。
だけど黒斑山山頂は・・
画像
まだあんなところ・・。




画像
いきなり簡単に黒斑山山頂に着いたみたいな展開だけど、
写真撮る力がなかっただけで、それはもう山あり谷ありの大変な道のりを乗り越えて
やっと辿り着いた山頂。って言うのはだいぶ大げさだけど、
7歩ぐらい間違うと奈落へ〜なので、クレアのリードを握りしめ慎重に歩いてきました。

スタートから休憩なしで3時間。
山頂に到着です!



画像
薄ぼんやりの浅間山。
わんちゃんも一緒なんだね〜。
頑張ったね〜。
それは靴?
一緒に写真良いですか?
と、モテモテのクレアなんだけど、なにしろ狭い山頂は10歩間違うと待っているのはまたまた奈落・・。



なので早々に山頂を後に。


画像
来た道を少しだけ戻ります。
こんな道もあったりして楽しいんだけどね。
犬連れには危険箇所が多すぎてあまり楽しめないお山です・・。




画像
少し広い道に出たので、腹ごしらえ。
落ちてからでは遅いので念のためクレアのリードは母のリュックに繋いでます。



画像
帰り道にはどんどん雲も晴れてきて、
浅間山もだんだん綺麗に見えてきて。



画像
小諸の街もすっきりくっきり。
北アルプスもうっすらと見えました。



画像
だから父さん上機嫌。


クレアはどんより。


だって安全な場所に出るまでは・・


画像
こんな状態^m^
リードつけ父さんの後ろをと〜ぼとぼ^m^



画像
安全な場所にでたので、自由の身。
ひゃっほぉ〜と走り出すじーさんコンビ^m^

スタートから5時間後無事ゴール。



今回の山は選択ミスだったと反省反省の父さん。

私たちが疲れてしまうようなハードなコースは集中が続かなくなってしまうので
クレアの事まで気が回らなくなる可能性が大きいこと。

小さな声のコマンドも聞き漏らさないクレアでも、やはり犬。
過信してはいけないこと。

雪道はいろんな危険が普段より多くなることを再認識すること。

楽しく安全に楽しむ事が大前提、欲を出さない場所選びは絶対条件。


もう一度初心に戻ってやり直し・・だそうです(笑)


私も今回はだいぶ怖かった。
っていうかその怖さに気がついたのは後から・・。
一応危ない所はリード装着したけれど、
もしもの時にはちゃんとレスキュー出来るようなロープやカラビナを
持ち歩いてる父さんだけど、もしもはあってはいけないわけで、
なにもそんな思いまでしてしなければいけないハイキングではないわけで・・。
それにそんな道具もここではきっとなんの役にも立たなかったはず・・。
それを思うとゾッとする。

今回は私も場所選びの重要性をイヤと言うほど痛感。




画像
普段より集中時間が多かったし。
コースもハード。
だからココまでくったりクレア。

クレアをココまで疲れさせちゃうのも絶対NG・・。
今回は反省多い消沈の雪ハイク。



でも温泉はしっかり入って来ました。
画像
登山電車で、雲上の露天風呂。
菱野温泉常盤館お風呂もスタッフもあたたかく気持ち良かった♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク



黒斑山で浅間山・後編 ■nohohon crea■/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる